HOME > レシピ紹介 > おみそでほっとスープ チーズ入り

レシピ検索

前のページへ戻る

寒い冬の朝食に、いつものみそ汁をちょっとアレンジ

おみそでほっとスープ チーズ入り

このレシピを印刷

  •  

おみそでほっとスープ チーズ入り


材料 分量(4人分)

  • さつまいも・・・中2本
  • かぶ・・・中2個
  • 人参・・・1/4本
  • ピザ用チーズ・・・適量
  • 鮮魚亭 かき鍋スープ・・・120cc

作り方

  • 1.さつまいもは皮付きのままきれいに洗い、1cmの厚さのいちょう切りにします。かぶは茎を1cm残し葉を切り落とし、縦8等分にします。葉は柔らかいところを適量細かく切ります。人参は皮をむき、5mm厚さの輪切りにします 。
  • 2.1の野菜を水3カップ入った鍋に入れ、7~8分程煮て柔らかくなったら本品を注ぎ、さらに3分間程弱火で煮て、かぶの葉を加えさっと火を通します。
  • 3.2をスープカップに盛り、ピザ用チーズを好みの量のせ、電子レンジで30秒程加熱し、チーズがとけた出来上がりです 。

作り方

チーズは紀元前から、世界のいたるところで人類の創意工夫により、味わいや大きさもさまざまなものが作られてきました。牛や羊、山羊のミルクを搾り、乳酸菌とレンネットという凝乳酵素の働きで、固形物にし保存というより育てます。一定の温度と湿度の中で、固まったチーズは乳酸菌や微生物の酵素の作用で、タンパク質や脂肪がアミノ酸や脂肪酸に分解されていきます。こうやって熟成したチーズの中は、栄養成分が凝縮されとても消化吸収しやすい食品になります。タンパク質、カルシウム、ビタミンAやB1などバランスよく含み、またアルコールの分解も助ける働きがあるので、飲みすぎた時など、料理に使うとよいでしょう。  日本の発酵食品といえば、みそが代表される調味料です。みその独特の香り、チーズの香りお互い共通した成分の食品をバランスよく使って、毎日の食事に利用してください 。

このレシピで使用した商品

レシピ紹介

レシピ検索

フリーワード

ジャンル指定

もっと詳しく検索

このページのTOPへ