HOME > レシピ紹介 > 秋の里芋混ぜご飯

レシピ検索

前のページへ戻る

焼肉のたれで、炊き込みご飯より簡単に秋の味わい

秋の里芋混ぜご飯

このレシピを印刷

  •  

秋の里芋混ぜご飯


材料 分量(4人分)

  • 里芋・・・4個
  • 豚肉(薄切り)・・・120g
  • 干し椎茸・・・3枚
  • 三つ葉・・・1束
  • 銀杏缶詰・・・1缶
  • 料理酒・・・大さじ3
  • 椎茸の戻し汁・・・大さじ3
  • 米・・・2カップ
  • 馳走屋 カルビ焼のたれ まろやか果汁醤油味・・・大さじ3

作り方

  • 1.米は洗って、定量よりやや少なめの水加減にし、分量以外の料理酒大さじ1を加えて炊きます。
  • 2.皮をむいた里芋をボールに入れ、塩をふりかけ、もみながらぬめりをとり、水洗いした後1cmの角切りにして平らな耐熱容器に並べ、ラップをして電子レンジで3分加熱します。
  • 3.水に戻した椎茸は5mmの角切り、三つ葉はサッと湯通しをして2cmの長さに切り、豚肉は1cm幅に切ります 。
  • 4.切った椎茸・豚肉と、分量の本品・料理酒・椎茸の戻し汁を鍋に入れ、5分ほど中火で混ぜながら煮ます。さらに2の里芋を鍋に入れ、弱火にして5分ほど里芋を崩さないように煮ます。
  • 5.ご飯のスイッチが切れたら、4を煮汁といっしょにかけて炊飯器のフタをし蒸らします。缶汁を切った銀杏と三つ葉を加えて、全体に具が回るように混ぜて出来上がりです。

作り方

里芋は昔から子孫繁栄の縁起物として、祝い事料理に用いられてきました。現在では年中出回っていますが、秋からが旬になります。糖質が多く主成分はデンプンですが、芋類の中では最も低カロリーです。大きさ・種類もさまざまありますが、皮肌の赤いものは味はよいものの、煮くずれしやすいので、ここで紹介しているメニューには、一般的に売られているこぶりなものがよいでしょう。また、里芋の「ぬめり」には、癌の増殖を抑制する働きをもつと言われている 成分を含んでいます。なるべくなら、皮付きのものを選んで調理しましょう。

このレシピで使用した商品

レシピ紹介

レシピ検索

フリーワード

ジャンル指定

もっと詳しく検索

このページのTOPへ