HOME > 企業情報 > 健康推進への取組み

健康推進への取組み

健康推進への取組み

私たちダイショーは、社員の「心と体の健康」が重要な経営課題の1つと認識し、「ダイショー健康宣言」および「ダイショー健康管理方針」を制定しています。

ダイショー健康宣言

ダイショー健康宣言

株式会社ダイショーは「おいしさでしあわせをつくる」を企業理念として、「豊かな食文化」の創造を目指し、「安心・安全」を第一義に企業活動を行っています。
会社の成長を支える社員と家族の心身の健康を重要な経営資源の一つとしてとらえ、健康維持・増進活動を組織的に推進します。さらに当社に関わる全ての人々に健康としあわせを届け、豊かな社会生活と経済の発展に貢献する会社を目指します。

取締役社長COO 阿部 孝博

ダイショー健康管理方針(2021年6月1日制定)

第1条(目的)

当社は、「ダイショー健康宣言」に基づき、社員及び家族の心身の健康保持・増進と健康で快適な職場環境の形成を目的として、健康管理についての方針を定める。

第2条(体制)

  • (1)当社は健康管理を推進・実施するため、取締役社長を責任者とする健康経営推進チームを組織する。
  • (2)健康経営推進チームは、健康管理に関して年間あるいは中期的な実施計画を定め、安全衛生委員会等とも連携し、実施計画を推進する。
  • (3)健康経営推進チームは、健康管理の実施状況について、定期的に経営会議に報告する。

第3条(取組内容)

当社は社員一人一人が心身の健康保持・増進に自律的に取り組めるよう、健康づくりを支援する。
法令遵守を基本とし、予防医学の見地から、以下の枠組みを体系的かつ包括的に健康管理を実施する。

  • (1)0次予防:職場のコミュニケーションの活性化等により、職場環境の改善に資する取組を推進する。
  • (2)1次予防:研修等による社員への健康啓発の実施により「疾病予防」に資する取組を推進する。
  • (3)2次予防:健康診断等の実施徹底や健康診断後の保健指導等により、「疾病の早期発見・早期措置」に資する取組を推進する。
  • (4)3次予防:休業と職場復帰制度などの規程や体制の整備等により、「疾病の再発防止・重症化予防」に資する取組を推進する。

健康経営推進体制図

社長をトップとした体制で、推進部門である総務人事部を中心に、各事業所、委員会、産業医・保健師・全国健康保険協会と連携し、社員の健康保持・増進に向けた活動を推進しています。

重点項目

  • 定期健康診断受診率100%、ストレスチェックの実施
  • 病気の治療と仕事の両立促進に向けた取組み
  • 女性の健康への取組み
  • 運動機会の増進に向けた取組み
  • 教育機会の徹底
  • 適切な働き方実現に向けた取組み
  • 従業員の感染症予防に向けた取組み

健康課題・目標と改善施策

課題① 改善目標・指標 改善施策
有所見者率が同業種平均より高い。 腹囲リスク対象者の低減
(37.5%⇒20%)
・健康アップ通信の定期発信
・健康保持・増進(運動や食事)に関する産業医による教育研修
・特定保健指導の実施率の引き上げ
(事業所所属長による勧奨・就業時間認定)
課題② 改善目標・指標 改善施策
がん等の生活習慣病やメンタルヘルス
不調での休職後の職場復帰率が低い。
休職者の復職率上昇
(57%⇒100%)
復職支援プログラム実施
・休職期間中の定期連絡(体調確認)
・傷病手当金等の案内
・相談窓口の案内
・復職時、復職後の産業医面談
・復職後の働き方(短時間勤務など)

その他

その他の取組みとして、私たちダイショーは関係団体とも協力し、社員の健康づくりを推進しています。

このページのTOPへ